管理料を滞納したり支払いを全くしなければ墓地の使用権を抹消

霊園の権利販売を訪問販売で行なっている業者がいますが、匠なセールストークだけで決めてしまってはいけません。
一つの霊園だけに縛られないで、まずは数々の霊園情報を集めて失敗をしない霊園を選ぶことが重要なのです。 施行期限として納骨の予定が無かったとしても、一定の期限までに施行を完了しなければいけない決まりの霊園も中にはあります。
また、場合によっては外柵だけは整備しておくよう求められることがありますのでご注意ください。

 

管理料の支払いについてですが、これは毎年必要なことであり、一年に一回決められた期日に支払うこととなります。
霊園によりましては、数年分を一括前納となる場合もありますので、確認をしておきましょう。

 

霊園におきましては墓地使用権の取り消しについての規定というものが基本的には決められています。
管理料を滞納したり、支払いを全くしなければ、墓地の使用権を抹消されてしまうこともあるのでお気をつけ下さい。



管理料を滞納したり支払いを全くしなければ墓地の使用権を抹消ブログ:21/01/07

みなさま
コンチワ^^

「わたくしって水を飲んでも太るのよね〜」
と言う人をよく見かけますが、
むくみなどの場合を除いて、水で太ることなんてないんですよね〜

水は減量に必要ですし、
むしろ、水は太るという間違った認識で
水分補給を制限してしまうことは危険です!

「喉が渇いた」と感じたときには
すでに脱水症状の初期と言われています。

「減量のために」と、
喉が渇いているのに水分補給を我慢するのは
体に悪いだけなんです。

夏の熱中症だけではなく、
水分不足(サウナに入っても水を飲まないなど)の状態が続けば、
血液がドロドロになって流れが悪くなります。

血液がドロドロになれば血栓ができやすくなり、
脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことにもなりかねません。

減量のためにも、健康のためにも、
水分補給が毎日の生活で欠かせないわけですが、
飲み物を間違えると、減量の障害になってしまいます。

減量を意識して、
今までの水分補給のしかたを見直しましょう。

まず、スポーツドリンクなども含め、
糖質を含んだ清涼飲料水は避けるべきです。

減量を目指しているのであれば、
たまに飲む程度ならともかく、
毎日のように、清涼飲料水で水分補給していると、
糖尿病のリスクも上がります。

減量コーラなど、
血糖値をあまり上げない人工甘味料を使用している飲料は
一見問題が無さそうですが、その強い甘さの味覚に慣れてしまうと、
ほかの食べる事でも、同等かそれ以上の甘味でないと
物足りなさを感じることがあるので、要注意ですよ!

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。