お墓の使用方法というのは時代と共に大きく変わってきている

霊園を選ぶのって意外と難しそうなイメージがありますが、覚えてしまえば理想的な霊園を見つけることが出来ます。
あまりにも多く霊園がありますので、まずはその中から様々なことを比較するところから始めていきましょう。 時代が変わる毎に冠婚葬祭の習慣も変化してきており、葬儀の方法も以前ではあまり考えられなかった直葬なども実施されています。
特に現在では家族葬などといった身内だけで葬儀を行なうのがある意味で当たり前となってきたのです。

 

お墓の使用方法というのは、時代と共に大きく変わってきている傾向にあります。
明治時代の先祖代々墓、昭和の夫婦墓などと時代ごとのお墓を建てる人も多くいます。

 

最近におきましてはお墓の形は和式墓から洋型墓が人気となっています。
また供養の方法につきましても、埋葬や納骨、散骨、手元供養などと選択をする範囲が広がってきているのです。



お墓の使用方法というのは時代と共に大きく変わってきているブログ:20/05/12

わたしの父は、優しくてすごく頼りがいのある人です。
少なくとも、わたしにはそのように感じていました。

わたしは、
父のようにならなくてはならないと思っていたのかもしれません。
もしかしたら、わたしが、
父にようになれと言われてきたのかもしれません。

でも、そんなわたしを試すかのように、
何度となく自分自身を情けなく
女々しくさせるようなことが起こりました。

そして、
「こんなわたしでもいい?」というかのように、
父の前で何度も、
そんな情けないわたしを見せてきました。

出社拒否なんか、まさしくそうでした。

父は、
「そんなときもあるよ…」
といってくれるのですが、
わたし自身はそれを認めないんですよね。

「そんなこといってるけど、本当は怒ってるよね?」
と、自分自身が問いかけていたような気もします。

自分自身で認めたいけれど、それができないから、
父に認めてもらうことで納得したい、
許してもらいたいというのがあったと思います。

そして、それを試すようにいつまでも
ウジウジと女々しい自分を
父に見せたりしてたような気もします。

そして、
父が怒り出したら、
「ほら、やっぱり」って、
こんなわたしじゃダメだよねって思ったりしてたんですよね。

こんなことは建設的じゃないと思うんですが、
わたしは何か新しいことを始める時に出てくる
パターンになってしまっていました。

そして、その自信のない自分を満たしてもらいたいという感情は、
親と子どもの関係だけでなく
主人と妻の関係でも、
このパターンが出てきたりするんですよね。

そんなとき、こんな情けない自分でもOK!を出せれば、
すごく楽になるんだと思うんですよね。