数々の霊園の中には仏教でしたらどんな宗派でも問題無い?

後々後悔をしない霊園を選ぶことが最も大切ですが、そのためには失敗をしない霊園選びをする必要があります。
長い年月に渡って使用をする霊園なのですから、予め基本的な知識だけは頭に入れておいてください。 霊園選びで大切な宗旨や宗派の条件は霊園や墓地によって様々指定されています。
ですので自分の属している宗旨や宗派は何なのか、今後どうしていきたいのかなどを考えて決めていくようにしましょう。

 

数々の霊園の中には仏教でしたらどんな宗派でも問題無いとされる墓地も最近では出てきました。
ただし仏教以外の宗教や仏教系だったとしても買うことの出来ない霊園もありますのでご注意ください。

 

お墓参りに気軽に行きやすい霊園というのは理想的だと考えている人が多くいらっしゃることでしょう。
自宅の近所に霊園を買うことが出来なかったとしても、交通の便が良いところを選べばさほど苦労をすることは無くなります。

メール便はここへ
http://postmail.co.jp/
メール便ならクリック



数々の霊園の中には仏教でしたらどんな宗派でも問題無い?ブログ:20/04/17

ある日会社で見せられた禁煙ビデオで、
おれは少なからずショックを受けた。

そこにはタバコを吸っている者と、
そうでない者の肺の中が大写しにされていた。
当時、おれは1日に一箱吸う喫煙者であった。

タバコを吸っていない者の肺はきれいな色をしていたが、
吸っている者の肺は黒いタールがびっしりへばりついていた。

それを見たおれは
「自分の肺もあんなになっているのか」と思うと、
ぞっとした。

数年前から奥さんにはタバコをやめるよう、
しつこく言われているのにもかかわらず
無視して吸い続けていた。

肺がんで苦しんでいる人の映像まで見せられて、
おれはついにタバコをやめようと決心をした。

しかし、一気にやめることはできなかった。
そこで徐々に1日の本数を減らしていくことにした。

最初は5本減らし、1日15本にした。
これはなんとかいけた。

半月後には10本にした。
このあたりからかなり苦しくなってきた。
ガムでクチをまぎらわしながら耐えた。

ひと月後には1日5本にした。
ここからは本当に苦しいニコチンとの闘いであった。

1日5本が8本になることもあった。
つらい一進一退が続く…
そのとき、おれはこの剣が峰を乗り越えるには、
あのビデオの力をもう一度借りねばと思った。

会社からビデオを借りてきて再び見た。
ニコチンに負けそうになっていたおれに、
それは喝を入れてくれた。
ついにおれは2ヶ月後に禁煙に成功した。

これをきっかけに、
近くに住んでいる女の子夫婦にも禁煙をさせようと思った。

娘夫婦にも例のビデオを見せた。
ビデオを見終わると、
2人とも少しショックを受けた表情をしていた。

女の子夫婦もタバコと縁を切ることができた。